ホーム > 白髪染め > 白髪を染めるコツとは

白髪を染めるコツとは

白髪染めは同じ製品使っても髪質、傷み具合で色の入り方が変わります。一般に髪硬く太い方は染まりにくくて反対にかみやわらかく細い方、ダメージ進んでる方は色はいりやすいといわれていて、自分の髪の状況を把握して、ちょうどいい色に染まりそうな物を選んでください。真っ白なキャンバスに色塗ったのを想像してみればいいですが、白髪量が多いかたやそれだけ色で安くて、白髪多い方は希望より暗い色を、逆に白髪量少ない方は明るい色選んでみれば、ちょうどいい具合になるのです。洗浄力強すぎるシャンプー使えば、せっかく染料落ちやすくなって来て、なるべく専用のもの望ましいのですが、手に入らなけrば洗浄力マイルドな弱酸性のシャンプーを使ってください。そして洗ったらコンディショナー、トリートメントで髪コートして染料が流れ出るのを防ぎましょう。個人差ありますが、髪は大体1か月で1センチ伸び、どうしても生え際のところだけ白くなって、こまめにリタッチして異例な状態を保ってください。

マイナチュレ白髪用カラートリートメントの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?